みやまのアトリエ

スマホアプリ開発 プログラミング ペンタブ備忘録 お絵描き

マンガで分かるPython入門 「第1話 Pythonって何?」

 お絵描き趣味のPython初心者が独学でプログラミング勉強してますので、その報告。
マンガは横文字なので、左から右に読んでください(/・ω・)/

 

 

第1話 Pythonって何? 

f:id:M_Atelier:20180424210228p:plain

  

 

f:id:M_Atelier:20180424210243p:plain

 

f:id:M_Atelier:20180426202726p:plain

Pythonって何?

 スマホ、パソコンで実行されているアプリやゲームは、全て「プログラム」という命令文で動いています。この命令文を作るのがプログラミングです。パソコンは日本語や英語は理解できないので、私たちが「プログラミング言語」を覚えて、パソコンに命令する必要があります。
 Python(パイソン)は数あるプログラミング言語の一つです。他のプログラミング言語に比べて記述がシンプルで、比較的覚えやすいことが特徴です。きっと高校英語を覚えるより簡単だと思います。

                          f:id:M_Atelier:20180424210347p:plain

 「Python」は自分のパソコンにインストールすることで、プログラムを書いて、アプリやゲームを作成できるようになります。


 これから、Pythonのダウンロード方法、インストール方法、簡単なプログラムの作成と実行方法を説明します。

 

Pythonのダウンロードとインストール

 以下ウェブサイトから、Pythonをダウンロードします。

www.python.org


 ページの下の方に、Downloadsとありますので、「Windows]を選んでください。

f:id:M_Atelier:20180424214429p:plain


 現時点で最新の「python-3.7.0」をダウンロードしたいと思います。「python-3.7.0b3-2018-03-29」の下にある「Download Windows x86-64 executable installer」をクリックしてください。

f:id:M_Atelier:20180424214444p:plain

 クリックすると、パソコンから操作を促されます。「名前を付けて保存」を選んでください。自分の好きな場所に保存して構いませんが、見失わないように「デスクトップ」に保存します。

f:id:M_Atelier:20180424214509p:plain

    f:id:M_Atelier:20180424214513p:plain


 ダウンロードはこれで完了です。次に、Pythonをパソコンにインストールします。
※ダウンロードしてきた「python-3.7.0b3-amd64」は、Pythonのインストールが完了したら、削除したり好きな場所に保管しても構いません。

 

Pythonのインストール

 ダウンロードしてきた「python-3.7.0b3-amd64」をダブルクリックします。

f:id:M_Atelier:20180424214603p:plain

 インストール用のセットアップ画面が開きます。必ず画面下の「Add Python 3.7 to PATH」にチェックを入れてから、「Install Now]をクリックしてください。

※チェックを入れないと、プログラムの作成はできても、実行が出来ない場合があります。必ずチェックを入れるようにしてください。

f:id:M_Atelier:20180424214629p:plain


※別途「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれたら「はい」を押してください。


 インストールが完了したら、完了画面が現れます。

f:id:M_Atelier:20180424214650p:plain


これでインストールは完了です。

 

プログラムの作成と実行

 スタートメニューから、「Python 3.7]を探してください。Python3.7をクリックすると、メニューが開きます。メニュー内の、「IDLE(Python 3.7 64bit)」をクリックしてください。IDLEというアプリが開きます。

f:id:M_Atelier:20180424214807p:plain

 

f:id:M_Atelier:20180424210643p:plain

 ※IDLEは、Pythonのプログラムを作成したり、実行したりできるアプリです。

 

MEMO

 IDLEを右クリックして、「スタートにピン留めする」をクリックすると、メニュー画面にIDLEが現れます。ピン留めしておくと、次回からIDLEを使うときに便利になります。f:id:M_Atelier:20180424214923p:plain

 

 次に、「Fileから」、「New File」を選んでください。f:id:M_Atelier:20180424214950p:plain

 

 新しく「エディター」という画面が開きます。このエディターに、プログラムを書いていきます。

f:id:M_Atelier:20180424221157p:plain

 今回は、「パソコンに“Hello World”という文字列を表示」するプログラムを作成します。


エディターに、次の一文を記入してください。

print (" Hello World ")

f:id:M_Atelier:20180424215106p:plain


「print」は、パソコンに「(" ")内の文字を表示しなさい!」という命令文です。ここでは、「Hello Worldという文字を表示しなさい!」と指示することになります。

  f:id:M_Atelier:20180424210841p:plain


 プログラムを書き終わったら、保存しておきます。エディターのFileから、Saveを選んでください。

f:id:M_Atelier:20180424215257p:plain


 プログラムの保存場所を尋ねられます。自分の好きな場所で構いませんが、「ドキュメント」内に「Python]というフォルダを作って、こちらに保存しました。名前も好きに決めて構いません。分かりやすいように「01_helloworld」と名付けました。

f:id:M_Atelier:20180424215318p:plain

f:id:M_Atelier:20180424215325p:plain


 保存が終わったら、ドキュメント内のPythonフォルダを見てみましょう。そこにあるヘビのエンブレムが、先程作成したプログラムです。

f:id:M_Atelier:20180424223553p:plain

 

 

 プログラムの作成は以上です。最後に、作ったプログラムを実行してみます。

 

 プログラムを記入したエディターのメニューの、「Run」内に、「Run Module」というメニューがあります。これをクリックすると、作成したプログラムが実行され、動き出します。

f:id:M_Atelier:20180424215420p:plain

 

 こちらの画面がプログラムを実行した画面です。「Hello World」の文字が表示されてますね。

f:id:M_Atelier:20180424215753p:plain

     

 

 せっかくプログラムを作成したので、計算にも使用してみます。
先程プログラムを書いたエディターに、次のプログラムを書いてみて下さい。

 

プログラム

print (3+6)

「Run」⇒「Run Module」で実行すると、結果が得られます。

 

実行結果

9

 計算した結果が表示されましたね。 文字と数値では、どのような違いがあるのでしょうか。

 

print 文について -文字と数字の違い-


print文 の (  )内部は、
"  " で覆われてるとき、「文字」としてそのまま表示されます。
 入力  "文字"  "かしこまっ"     "3+7"

 結果    文字    かしこまっ        3+7 


"  " で覆われていないとき、「数値」として計算され、「
計算結果」が表示されます。
 入力  3   6   4+5     3*8

 結果  3      6      9        24 


 

 文字と数値を組み合わせることもできます。文字と数値は、「,」マークで区切ってください。

 

プログラム

print ("3+6=", 3+6)

これを実行すると…

 

 実行結果

3+6=9

と表示されます。

 

f:id:M_Atelier:20180426203142p:plain

 

以上です。次のテーマは「変数と代入」です。

atelier.hatenadiary.com

 

 プログラミング中に何か分からないことや疑問点があったら、コメントやTwitterにてご連絡ください(/・ω・)/ 何かしらお力になれるかもしれません。