Uca

Uca - iPhone版 ダウンロードと設定手順

iOS版Ucaを11月28日にリリースしました。

f:id:M_Atelier:20181128174044j:plain

 

 

アプリ概要  

  • iPhoneからペイントツールへキーボードショートカットを送信できるようになります。
  • 「キャンバスの拡大縮小」「キャンバスの回転」「戻る」「ツール切替」、その他キーボードショートカットを設定することができます。
  • ショートカットキーの設定はiPhone側に設定されます。
  • パソコンはWindowsに対応です。
  • ショートカットキーは最大12個まで設定できます。

 
注意

  • iPhoneアプリの他に、パソコン用アプリ「UcaReceiver for iPhone」が必要になります。これはiPhoneからの信号「キャンバスの拡大」「戻る」などの信号 を受信し、クリップスタジオなどのペイントソフトに伝える為のアプリです。インストールは不要ですが、パソコン上で実行しておく必要があります。
  • お使いのWindowsパソコンに「Wifi機能」が必要です。
  • ご意見ご感想、バグ等あれば、Googleお問い合わせフォームにてお願いいたします。  左手用デバイス要望フォーム

 

 

アプリご使用の前に

 あらかじめiPhoneとパソコンを同じWifiルーターに接続しておく必要があります。接続に関しては以下の点にご注意ください。

  • 個人でお持ちのWifiルーターに無線にて接続するよう設定をお願いします。(公共無線LANWifiですと、うまく動作しない可能性があります。)
  • IPv6アドレスをご使用の方は、WindowsパソコンがIPv4アドレスになるよう設定をお願いします。
  • WindowsパソコンをローカルIPアドレス(192.168.○○○.○○○○の番号)になるよう設定をお願いします。
  • ご自身のWindowsのファイアーウォール設定が「プライベート」か「パブリック」かの確認をお願いします。接続しているWifiの「プロパティ」から確認する事ができます。例えば、「プライベート」に接続されている場合、「プライベート」ボタンが選択されています。また、現状では「プライベート」に設定する方が通信が安定します。「パブリック」ですと通信が安定しない場合があります。

f:id:M_Atelier:20181129154610p:plain f:id:M_Atelier:20181129154729p:plain

 

ダウンロード

iPhoneアプリのダウンロード

 下記のページにiPhoneでアクセスしてください。

Uca

Uca

  • Yuki Ogawa
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 下記のQRコードiPhoneで読んでもアクセス可能です。

f:id:M_Atelier:20181128172334p:plain


 

Windowsアプリのダウンロード

  以下のページにアクセスしてください。

  UcaReceiver for iPhone V1.2.exe(最新版)

 

 ※過去のバージョンはこちら。

  UcaReceiver for iPhone V1.1.exe

       UcaReceiver for iPhone.exe(旧版)

 

 

画面右上の「矢印マーク」を押してください。

f:id:M_Atelier:20180614232749p:plain

 

「保存」を押してください。「UcaReceiver」がダウンロードされます。ブラウザのセキュリティがはたらく可能性があります。

f:id:M_Atelier:20180614232940p:plain

 

 アプリはデスクトップなどの分かり易い場所に置いておいてください。インストール作業は不要です。

f:id:M_Atelier:20181123185928p:plain

 

 

Windowsアプリの実行

  「UcaReceiver for iPhone.exe」をダブルクリックします。

f:id:M_Atelier:20181123185928p:plain

 

 もし下の画面が出てきた場合、「詳細情報」➡「実行」を押してください。(※ PCにセキュリティソフトをインストールしている場合、セキュリティが働く場合があります。UcaReceiverのファイアーウォールについて表示された場合、許可するようお願いします。)

f:id:M_Atelier:20180613002845p:plain f:id:M_Atelier:20180613002848p:plain

 

 

 UcaReceiverを実行すると、次のようなウインドウが現れます。 この時、Windows側アプリUcaReceiver画面内の項目「IPアドレス」が「192.168. ...」で始まるかをご確認ください。ご使用のWindowsパソコンがIPv4のローカルIPアドレスでない場合うまく動作しない可能性があります。

f:id:M_Atelier:20181123190238p:plain

 

 同じタイミングで下記画像が表示されます。ファイアーウォール設定が「プライベート」の方は「プライベートネットワーク」にチェックを入れ、「パブリック」の方は「パブリックネットワーク」にチェックを入れてください。チェックを逆に付けると、iPhoneとパソコンの接続に失敗するようになりますのでご注意ください。(「プライベート」「パブリック」両方にチェックを入れると確実です。)

 チェックが終わりましたら、下部の「アクセスを許可する(A)」をクリックしてください。

f:id:M_Atelier:20181129155359p:plain

 

iPhoneアプリの実行

  iPhoneのアプリUcaをタップしてアプリを立ち上げてください。

f:id:M_Atelier:20181123191117p:plain

 

 画面右上の「QR」と書かれたマークを押してください。QRコード読み取りカメラが開きますので、Windowsアプリ側のQRコードをカメラで写すと、自動的にパソコンとスマートフォンの接続処理が行われます。 

f:id:M_Atelier:20181123191403p:plain

 

 初回接続のみ時間がかかる可能性があります。1分間程度お待ち頂き、再度QRコードを読み込ませてください。


 接続が完了したら、スマートフォンからキャンバス操作やショートカットキーの指示が送信できるようになっています。

 

 スマートフォンの画面上半分にある円部分を指でなぞることで、キャンバスを回転させたり、拡大縮小させたりできます。また、下半分にある矢印付近を使いたいツールの方向にフリックすることで、設定したキーボードショートカットを飛ばすことができます。

 フリックは4方向です。任意の場所をタップ、ダブルタップ、長押しすることでショートカットのセットを切り替えることができ、4×3=12個のキーボードショートカットキーを設定できます。

 

操作上の注意

  • 操作の際は、パソコン側のペイントソフトをアクティブウインドウにしてください。
  • キャンバスの回転や拡大縮小操作は、現在のマウスポインタの位置を軸に操作します。マウスポインタがキャンバスの外にあると、キャンバス操作ができなくなります。

 

動作が不安定な場合

 よくあるトラブルとして、以下が挙げられます。

  • Ucaを動かしても、ペイントツールが操作できない。 → Windows側アプリ「UcaReceiver ofr iPhone.exe」を再起動し、QRコードをもう1度読み込ませてください。
  • QRコード接続後、1分間程度iPhoneのUcaアプリが動かなくなる。 → WindowsパソコンがIPv6に接続されている場合、IPv4に接続するようお願いします。

  下記にUcaのトラブルシューティングをまとめましたので、ご参考にされてください。

atelier.hatenadiary.com

 

ショートカットの設定方法

  下の画像の赤丸部分をタッチしてください。

f:id:M_Atelier:20181123191645p:plain

 

 

 画面が切り替わりますので、変更したいボタンをタッチします。

f:id:M_Atelier:20181123191743p:plain

 

 次に、割り振る機能を選んでください。 「保存」「戻る」などの基本的なショートカットもここで選択できます。

 

f:id:M_Atelier:20181123191806p:plain   f:id:M_Atelier:20181123191822p:plain

 

以上です。

 

 


 その他ご意見、ご要望、バグ等あればGoogleお問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

docs.google.com