Uca

左手デバイスアプリUca(iPhone版) トラブルと解決方法について

 iPhone版 Ucaに関するトラブルと解決方法をまとめます。

 

 

iPhoneアプリ側のトラブル

Ucaを操作しても、ペイントツールが操作できない

以下をお試しください。

  • 初回の接続の場合、接続まで時間がかかる場合があります。少しお待ち頂き、再度QRコードを読み込ませてみてください。
  • Windows側アプリUcaReceiverを再起動し、再度QRコードを読み込ませてください。
  • 個人のWifiルーターに接続してください。(公共無線LANだと動作しない可能性があります。) 
  • Wifiルーターを再起動( 電源切 → 電源入 )してみてください。 

 

QRコード読込み後、アプリが動かなくなる(1分後に動き出す)

以下の内容を確認してください。

  • Windows側アプリUcaReceiverの「IPアドレス」の項目が「192.168. ...」で始まるかをご確認ください。ご使用のWindowsパソコンがローカルIPアドレスでない場合うまく動作しない可能性があります。
  • iPhoneWindowsパソコンが同じWifiルーターの同じSSIDに接続されているか確認してください。
  • 個人のWifiルーターに接続してください。(公共無線LANだと動作しない可能性があります。)
  • Wifiルーターを再起動( 電源切 → 電源入 )してみてください。
  • Windowsパソコンのファイアウォール設定を確認してください。(セキュリティソフトをインストールしている場合、各社セキュリティソフトにて「UcaReceiver for iPhone.exe」の通信許可設定をお願いします。)

 

 Windowsパソコンのファイアウォール設定の確認、変更方法はこちらにまとめています。

 Windowsのファイアーウォール設定の確認、変更方法 - Uca

 

キャンバス操作が出来ない

 キャンバスの拡大や回転などの操作は、現在のマウスポインタの位置を軸にして操作されます。以下を確認してください。

  •  マウスポインタはキャンバス上に置いて操作してください。
  •  操作したいペイントアプリがアクティブウインドウになっているかを確認してください。 

 

Windowsアプリ側のトラブル

WindowsアプリにQRコードが表示されない

  • ご使用のパソコンに Wifiが搭載されているかご確認ください。
  • Windows側のアプリを再起動してみてください。
  • Windowsを再起動してみてください。
  • Android版のWindowsアプリ「UcaReceiver.exe」を使用中でないか確認してください。(iPhone版は「UcaReceiver for iPhone.exe」という名前です。)

 

Windowsアプリのダウンロードの際、セキュリティソフトが働く

  • 本アプリに対してセキュリティソフトを一時的に停止させてください。各セキュリティソフトの操作方法はセキュリティソフト開発会社にてご確認ください。

 

以下の画面が出て、Windowsアプリの実行ができない。

  • 次の操作に従ってください。

「詳細情報」➡「実行」を押してください。

f:id:M_Atelier:20180613002845p:plain f:id:M_Atelier:20180613002848p:plain

 

QRコードを読込ませても「接続待機中...」のままである

以下をお試しください。

  • 接続まで時間がかかる場合があります。少しお待ち頂くと接続完了する可能性があります。
  • 再度QRコードを読み込ませてみてください。
  • Windows側アプリUcaReceiverを再起動し、再度QRコードを読み込ませてください。

 

起動時に「Uca ネットワークエラー」と表示される

 IPv6を使用している場合に表示されます。IPv4への変更をお願いします。

 IPv6をOFFにして、IPv4で通信する方法 - Uca

 

操作時に「パスワード不一致」と表示される

 UcaReceiverを再起動し、再度QRコードを読み込ませ接続してください。 

 

 

最後に

 接続がなかなかうまくいかない、設定したキーボードショートカットと異なるキーが送られる、アプリがクラッシュした、等がある場合、操作前後の状況、操作内容、スマートフォンの機種名などを教えて頂ければと思います。下記の要望フォームやTwitterのDMなどをお使いください。

 

Uca - スマホが左手デバイスになるアプリ (@UcaApps) | Twitter

 

これからも開発を続けて参りますので、よろしくお願いします。